人間もろもろ

俯瞰的人間力を鍛えるサイト。心とからだの健康。~人についての理解と不思議を成長に役立てる~にんもろ

リーダーシップ 自己啓発

尊敬する人を崇めるのはいいけれど

2018/07/16

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

崇める

尊敬する人を崇めるって頭痛が痛いと同じ感じ?そうでもないか。ん?ま、いっか(苦笑)

 

 

身の回りや会社、バイト先や部活などリーダーだったり凄い技術や知識に長けていたりして尊敬できるなぁ~って感じる人が自分の周りにいませんか?自分もそういう人と同じようになりたいという目標にできるような人を大切にする気持ちは良い事だと思うし、目標にできる人がいる環境に自分が居られるのはある意味恵まれた事だと思います。

スポンサーリンク




どんなことでもそうですが、そのような尊敬できる人への気持ちも度が過ぎてしまい、しかも集団としてそのような状態になってしまうと、その一回り外周にいる人からすると非常に居心地が悪い環境をつくりあげてしまっている事があります(苦笑)

せっかくのリーダーシップがいつの間にか小さな教祖になってしまい外野からえっ!?なんでそこまで?的な存在になってしまうんです。

 

 

私がいつも感じるのはテレビでいわゆる「大御所」に対して気遣う下っ端のタレントの態度。あぁ~もうその大御所が出ている番組見たくないです!ってなります。だってずっと周りのタレントが気遣ってるのわかるしその時点で次のコメントや対応も想像がついちゃうから面白くない。

 

目上の人だったり礼儀という範囲で失礼のない態度をとる事はとても大事な事だし良い事だと思っていますが、それも一方向だけを向いているんじゃなくて全体像からみて今どういう状況なのか?を判断してその時々の対応にする必要があるのではないでしょうか?

 

タレントさんたちも控室に戻ったら媚びうるごとく好きなだけヘコヘコしたらよいけれどオンエアー中は大御所よりも視聴者に気を配っていただきたい(笑)あ、でもテレビが気を配るのはスポンサーか。

 

さて、テレビ番組への苦情はこれくらいにして実生活でも似たような場面というのはあります。

 

業種関係なく自己啓発系、もしくは各種業界での成功者(?)のセミナーなんかで良く見かける光景です。

セミナーでお話しする先生?というのかな、それなりの業績を持って自身もたっぷり。皆様に伝授いたしましょう~ってなことでセミナーで色々貴重な体験談ややり方などのお話をしていますが、少し有名になってくるともはやその先生のファン的な存在が出てきます。本質的な部分を学びに来るというよりもその先生に会いに来る事が目的になってしまっているかのような。

 

そして先生の一言一句に「うんうん」とうなずき、おっしゃる通りです~~っと拍手喝采!みたいな。もう先生のいう事はすべて素晴らしい!私、一生ついていきます!

 

もしもこのようなファンで囲まれた中にあなた(←一周外側の人)がこの先生から教えてもらおうと勉強しにセミナーに参加した時、どのように感じるでしょうか?

中には私もこのメンバーの一人になりたい!と思う方もいるかも知れません、またある人は怪しい感じがするな?と思う方もいるかも知れません。

 

このネガティブな方の雰囲気を作るのは私はセミナーの先生の腕(人間性)、テレビで言えば大御所の腕(人間性)によりけりなんじゃないか?と思っています。

 

どんなに有名になっても平坦に公平に人と接している先生には、先生自身にこのような雰囲気をつくる要素が少なく感じます(実際はどうしてもファンになりたい人によってある程度の囲い感は生まれてくるものですが)

 

逆に周りのみなさんから先生!先生!って言われて気持ちよくなっちゃって自分の周りにいる人達は自分のいう事を聞くものだなんてなっちゃうと、その一回り外側にいる人達からはおかしな目で見られる事になるんです。これは先生そのものの人間性に大きく委ねられますね。ヒーローになりたいだけの自己中な先生はどこまでも突っ走っていきますから。このような先生、リーダーは自分自身を客観的にみることができていません。人から褒めてもらい認めてもらえることは誰にとっても気持ちの良いものですが、いわゆる「天狗」様になってしまってはせっかくの実績も台無しです。

 

だいたいそこまでの(ネガティブネットワークな)規模にまでなるとその先生のそばにいて何かしらのメリット、利益があるような人たちが周りを固め始めます、実際は先生にとってもそんなにメリットがない連中だけが残っているのではないでしょうか?もちろん本人はそこを客観視できる目がないので気づく事もありませんが。。。

 

もし、自分がなんかしらのリーダーにならなければいけない立場の場合、このような状況にならないように注意をしなければなりません。会社の一グループでこのようなネガティブグループを作ってしまえば〇〇派というような派閥ができ、周りとの協調性が失われ後輩たちの間では君は誰派?なんて事になってしまいます。

本来同じ会社にいるのですから争う相手は社内ではなく同業他社なはずです。にもかかわらず社内で争っていては元も子もありませんよね?

良きリーダーに巡り合うためにはこの手の神様仏様誰様?リーダーを見抜いてつかず離れずの関係を持てる目を持たないといけませんね!そのようなリーダーからは技術や経験だけ学び人間性は別の人から学ぶべきと思います。おつきあいはほどほどにして。。。

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

-リーダーシップ, 自己啓発