仲良しこよし倶楽部

仲良しこよし倶楽部

スポンサーリンク

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

タイトルだけでもう何を話そうとしているかだいたいわかっちゃうシリーズ(^^)

そうです!部活や仕事で先輩に「お前らっ!仲良しクラブじゃねぇんだからしっかりやれっ!」って一度くらい言われたことある人も多いんじゃないですか?自分自身が言われていないくても周りで言われている人がいたりとか。

これは「仲良くやれている」という良い意味ではなく仕事として組織として機能しなければならないところで、まるでお友達と遊んでいるかのような自分たちの居心地の良いようにやっているグループを皮肉った言い方ですね。

仲良しこよし倶楽部現象は、仕事場でもリーダー不在、もしくはリーダーの役割をする人が本来の役割を果たせていない時に起こる現象です。その場全体を統率しきれていないんですね。謙虚な日本人の文化がこのような結果を生み出しているのでしょうか?

「私はみなさんの意見を尊重して・・・」なんてあたかも組織内は同列であり自分は偉いわけではないんだという、組織をまとめるという意味では誤った意見をしているリーダーがいますが、(少し極端な考えですが)それぞれの意見を尊重したらそれぞれがバラバラになるだけです。しかもこの手のリーダーは、そういう皆さんのためを思っていっているんだ!という事を言っておきながら自分の思うようにいかないと嫌がります(苦笑)

そんなリーダーには甘えがあるんだと思います。実際みんなで仲良くやっていれば責任の所在も不安定でまるで全責任は自分が負っているわけではないんだ!?というような雰囲気をかもしだします。責任を取る勇気がないわけです。

それって、社会人的には仕事放棄ですけどね(苦笑)

スポンサーリンク

確かにみんなで仲良くやっているのは気持ちがいいですし気分が楽、

何より楽しい~~!!

でもそれでは何も事が進みません。遊びなら全然いいんですけどね、何かをしようと集まっているのにお互いに歩合が悪い所、危ない所は傷口舐めあってまぁまぁ、と平衡をとるみたいな。あぁ~危なかった~良かった良かった~~~。。。

って、進んでないから良くないんですよ!?(爆)

部下が仲良し倶楽部になっちゃってたら上司がきちんと注意するなりあるべき方向に進むように促してあげたりすればよいですが、上司が一緒になって仲良しこよししちゃったらもう大変!お祭り騒ぎです。

近年若者の性格というか行動力に対して、肉食系から草食系になっていると言われていますが、まだまだ年功序列的な社会から抜け出せていない日本社会では、仕事上で責任をとる度胸がない人でも、そんなの最初からやりたいなんて思っていない人でも時間の流れと共にいつの間にか責任取る立場になって気が付けばリーダーになっちゃった。。。ということはいくらでもある事です。そしてその結果は・・・

部下や後輩に嫌われたくない!みんなから良く思われたい!だからみんなで仲良く役割分担(^O^)/イエェ~~イ!ってなっちゃうんですよね~。

何かの目的を持ってそこに向かって大勢で活動をする時、より多くの人が向かう方向が良い方向だという理論で時の流れに身を任せるようなやり方は結局右にも左にも動かないのではないか?と思います。つまり環境と時間は過ぎていくもののスタート地点から変わっていない。やはり着地点に向かってリードする人がいてそれをサポートするような人々が周りにいるのが理想的ではないか?と思います。

そういうはっきりとしたリーダーの居ないグループ、組織はきちんと誘導してくれる人が現れない限りはいつまでも同じ場所でゆらゆらとしていることでしょう。自分の周りがこんな状態だった時、自分がどの立場で何をしたら良いのか?考えて、行動できる人間でありたいものです。

スポンサーリンク
Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る