人間もろもろ

俯瞰的人間力を鍛えるサイト。心とからだの健康。~人についての理解と不思議を成長に役立てる~にんもろ

飲食店経営

飲食店でのサービス料

2018/07/25

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

サービス

ホテルやちょっと高級なレストランなどでお会計に含まれてくる「サービス料」

 

今や高級じゃなくても居酒屋ですらこのサービス料がお会計にのっかってくるところがありますね。いったいサービス料って何をサービスしてくれたの?って思いませんか?

 

例えば、席までお料理を運んでくれるとか、おしぼりを貸してくれるとかそういうこと?もしそうだったとしたらそりゃぁお店にご飯食べに来てるんだからそりゃそうでしょ!?ってなりますよね(苦笑)

スポンサーリンク




 

 

大雑把な印象としてお客さんが思っているのは「サービス料を取るようなお店」=「接客の質が高い」という事です。もちろん友人との食事でも良いのですが接待などでは気の利いたおもてなしをしてくれるウェイター・ウェイトレスがいてくれた方が何かと助かります。絶妙なタイミングでお料理を持って来たりなんでもない会話の端からちょっとしたサプライズをしてくれたり、何も言わずとも領収書を用意してくれていたり。

 

そのような印象を持っているがゆえに批判がでるのは(もろを自身もそうですが)サービス料を特にとっていないそこらのレストランと何ら変わりないお店、もしくは全然サービス料を別途で取れるようなサービスしてないじゃん!っていうお店ですよね!?

 

確かに、サービスっていうのは(まぁ料理の味も一緒ですが)評価が人それぞれですので「ここからが高価なサービス!」という風な客観的に決められる境界線がありません。逆に言えば大したことないサービスだったとしても(←この大したことない!自体が人それぞれなのですが・・・)お客さんが期待以上に満足しているようであればそれは良いサービスになりえます。

 

なので飲食店をやっている側からすればサービス料を取るお店っていうだけでかなりプレッシャーですよね!?だってお客様からの評価の閾値をあげた状態でお客さんを迎えているわけですから。

 

ここで一つ飲食店あるあるの話題が「お通し」問答です。別記事にも書きましたのでこちらもどうぞお通し問答

 

お通しは飲食店では一つの商習慣とされています。本来はすぐに提供できる飲み物に対してお料理をお待ちいただくまでの間につまんでもらうためのサービスです。しかし安い居酒屋が投げやりのお通しをとりあえずだしとけ!感満載なお通しを出し始めたことからお客さんの中での印象が「お通し」=「これで金をとられてる!」になってしまっているわけです。

 

お店側からの考えからすれば、サービス料の内訳って何なの?という事に対して、お席を用意して待つ事からはじまりお食事中のおもてなし、大きくはそもそもお店を利用していただくにあたっての料金だったりするのかも知れません。海外でウェイターやウェイトレスがサービス料で収入を得るような習慣が日本にはありませんからこの名前だけが日本に入ってきたのもややこしい事が起きる原因なのかも知れませんね!?

 

 

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

-飲食店経営